カテゴリ:ムカゴ栽培( 24 )

越冬ムカゴ

f0173342_22344016.jpg

こんな状態になっているのが理想的。
f0173342_22355354.jpg

テキトーに水に浸しておけば大丈夫。
f0173342_22363529.jpg

ペットボトルとかに入れちゃっても良いし。
気を遣わないのが楽。
[PR]
by chii_chii_05 | 2010-12-06 22:39 | ムカゴ栽培

苗状態

f0173342_119318.jpg

越冬ムカゴにするムカゴ苗。
もうムカゴなんだか普通の苗なんだかっていうサイズ。
成長期に育てるのにはかなり好都合なサイズだけど越冬させるのには邪魔な大きさかも。
どのサイズのムカゴでも植え付けして越冬させるより水栽培で越冬させる方が楽ですよ。
[PR]
by chii_chii_05 | 2010-12-03 01:30 | ムカゴ栽培

イノセンス

f0173342_2022381.jpg

昨年はムカゴを紛失&消滅させたり何かと受難を浴びさせた子。
昨年の秋に頂いたムカゴが漸く開花しました。

イノセンスはカーラーズソンシャインと同じ実の種から生まれた兄弟。
超、基本的な受粉の仕組みについて実はものすごく知りたい。
睡蓮は雌しべはクラウンになっていて種の部屋が一房にクラウンの突起の数に分かれているんだけど。
花粉はクラウンの突起ごとに1つかなと想像しているんだけど実際の所はどうなんだろう?
それとも突起に複数の花粉が?
花粉管伸ばして受粉てな、あのイメージだと1雌しべ1花粉な気もするし・・・。

う~ん・・・理科好きだったけど小中学の理科も理解していないのかも。
[PR]
by chii_chii_05 | 2010-09-23 20:36 | ムカゴ栽培

明日は

f0173342_0242175.jpg

↑総会、提供品
上質な温泉に綺麗な海に管理の整った植物園へ行くか行かずか迷いに迷ったけど。
植物の時間は機が熟した時に又ということで。
明日は美術と恩師と旧友たちとゆっくりと時間を過ごすと決めた。
残念な想いと、とっても楽しみな想いと。
f0173342_0331486.jpg

良いムカゴ苗は小苗状態になるよ。
30cmくらい。
これなら確実に今期開花でしょう。
咲かないのなら環境がイマイチなのかなぁ。
f0173342_0373337.jpg

この辺りは微妙なラインだけど。

この懐かしい定規は姉の。
こないだの子どもの頃の画材とともに私の手元にある。
今、思えば姉ちゃんは出来るところで揉まれて苦労したのかも。
私はそんな戦いの場には行きませんでしたが・・・。
[PR]
by chii_chii_05 | 2010-08-28 00:45 | ムカゴ栽培

晩秋のリンジー

N.'Lindsey woods'」
f0173342_23331579.jpg

昨日、10日の開花。
寒いと赤味が強い。
f0173342_23344450.jpg

ムカゴ苗は結局放置。
このサイズなら加温温室栽培なら1ヶ月で開花しそうなのに惜しいな。
f0173342_2336073.jpg

葉っぱが溶けてこんなだったり
f0173342_23363963.jpg

こんなだったり。
ムカゴの芋部分が腐らずにいれば来年また芽吹くでしょう。

おまけ
f0173342_2338502.jpg

昨日の午前中。
ジャニスは開花するのが遅いのかな。
このところ半開きの花しか見てないです。
[PR]
by chii_chii_05 | 2009-11-11 23:40 | ムカゴ栽培

リンジーの

N.'Lindsey Woods'」
f0173342_1254455.jpg
f0173342_126141.jpg

ムカゴこんなして育ってます。
こんなに育ててどうすんの・・・でも捨てられない。
予備軍として置いておくか。

10月入って訃報続き。
正直、凹むけど後退する訳にも行かないので進むしかないでしょう。
さて。
[PR]
by chii_chii_05 | 2009-10-07 01:31 | ムカゴ栽培

今年のムカゴ苗

N.'Madame Ganna Walska'」
f0173342_22482216.jpg

オフ会でAてつさんに頂いたムカゴ苗が咲きました~。
ラベンダー色の爽やかな睡蓮ですね。

イノセンスのムカゴ行方不明中。
[PR]
by chii_chii_05 | 2009-09-07 22:53 | ムカゴ栽培

ムカゴの楽しさ

N.micrantha'Toricolor Nymphaea'」
f0173342_1535754.jpg

初めての熱帯種で睡蓮とムカゴの楽しさを教えてくれた子です。
Aてつさんちからやって来た水草出身の子。

名前は正式名はないけれど睡蓮初心者にオススメの子だと思う。
これが育てられれば他も大丈夫だし、これがダメなら環境的に諦めた方が無難だし。

花弁に斑点が入りイスラモラダ風。
イスラモラダの品種としての株分け品じゃないと思うけど、イスラモラダ作出と同じような因子の掛け合わせで自然に発生した子なんでしょうね。
タイをはじめ東南アジアでは自然実生でそう言う子が沢山居そう。

あと、越冬しないので分球促進出来ずに球根寿命が来て本来の種類が淘汰されてその実生が成り代わってしまい品種維持が曖昧とか。

人の手が入るから種類の保存とか品種の管理とか出来るけど、自然の大きな流れからしたら進化したり淘汰されたりするのが当たり前だから東南アジアの曖昧さは自然の流れに逆らわない本来の姿なのかもしれない。

だから肩肘張らないこういう子たちは結構好き。
[PR]
by chii_chii_05 | 2009-07-18 01:57 | ムカゴ栽培

味噌樽組の最終ランナー

「ティナ」
f0173342_22501656.jpg

9/27
ようやくお花を上げてくれました。
あと、数週間~1ヶ月くらい楽しませてくれるかなぁ。

すっかり秋めいて肌寒いくらいですから実はスイレンって気分でもないのが本音(笑)。
でも、終了しちゃうのも寂しいんだよなぁ・・・。
[PR]
by chii_chii_05 | 2008-09-27 23:08 | ムカゴ栽培

増殖組は・・・

「ジャニス」
f0173342_1214874.jpg

このまえ撮ってあげなかったので撮ってあげました。
f0173342_1235430.jpg

ジャニスとドゥベンしか咲いていません(寂)。
ミクランサ(トリカラー)とパトリシアはお休みです。
それにしてもティナは成長遅いなぁ。
蕾は確認とれているのになかなか顔を上げてくれない・・・。
[PR]
by chii_chii_05 | 2008-09-26 01:39 | ムカゴ栽培