いろいろ咲いてきました

f0173342_213141.jpg

ピーチーズ&クリーム
一番目の蕾を折ってしまったので少々出遅れ
花上がりは普通

増殖モードになってしまうと他の温帯睡蓮と同様に
中芽および小芽をかなり増やす・・・

f0173342_21151020.jpg

マリアセラクロマティラ
植え込み容器は500mlのペットボトルの余剰栽培

やはり睡蓮の需要はあんまり無いらしい・・・
[PR]
# by chii_chii_05 | 2011-06-18 21:17 | 水生植物

忘れた頃に

f0173342_1572759.jpg

そういえば居たんだよね・・・って
毎年、咲くまで忘れている
[PR]
# by chii_chii_05 | 2011-06-15 01:59 | お花

今年の花火

f0173342_146469.jpg

咲くのが早い

夏の花火は中止らしいけどね
[PR]
# by chii_chii_05 | 2011-06-15 01:46 | お花

f0173342_052478.jpg

オドラータsp

素人の戯れ言な訳だけど・・・
白って
例えば2nだったら
『発色しません』って情報の因子を
種子親と花粉親の両方から、それぞれのnを貰うことで白になる。

だから
滞在的には赤だの青だの黄色だの何某かを色々と持っているんだと思う。
持ち合わせて居ない場合もあるかもしれないけど・・・。

例えば
色味の要素5でも『発色しません』で表面上はゼロ(白)
色味の要素1でも『発色しません』で表面上はゼロ(白)
色味の要素0でも『発色しません』で表面上はゼロ(白)
なんだと思う。

植物って4nだの複数の染色体だったりするから分裂するときに
コピー数多のようなことがかなりの格率で有り得るんじゃないかと思ったりしてる。

だから原種の白から
本来、白からは白しか発生しないところに
何某かの要因で『発色しません』の情報の乗る因子が欠損したことで色味が発生して(変異)
そういう個体を交配して色んな品種が生まれて来たんだと思う。

鳥の羽の色の出現と花の色の出現の仕方の概念が同じなら・・・の話し。
[PR]
# by chii_chii_05 | 2011-06-15 01:15 | 水生植物

'10 オドラータ実生2号

f0173342_0384870.jpg

花びらの形がローズマグノリア風(画像によるイメージ)
温帯睡蓮は細身より太身を追求したかったりする。

ピンクプリンセスみたいに
もっと花弁が多くて短い丸弁なのが良いな。

f0173342_0391523.jpg

I'm not fat! I'm chubby!!って
セリフ本であったりして可笑しかった。
『チャビー』のぽっちゃり度は足りないな(画像によるイメージ)・・・と感じる。
[PR]
# by chii_chii_05 | 2011-06-15 00:20 | 睡蓮実生